2012年3月アーカイブ

"この何十年間の間に毎年の春先に飛行機で北京周辺の広い地域・山に
樹木の種を巻きまくりのおかげで、
北京の春に吹く風の凄さが大分改善されている。"
と、友人は言う。

確かに、何となくそんな感じがする。
確かに北京の緑化は東京よりははるかに緑が多く見られる。
気がする。

とは言っても、"大北京"の建設は終わりが見えなく
故に"奇麗"になる日も見えない。

photo_626.jpg
京杭大運河の岸辺に凧が風に乗って上る。

photo_627.jpg
鳩も風に乗る。

photo_628.jpg
運がの岸辺に植林されている樹木。

photo_629.jpg
夕日に照らされた柳の木先は浅い緑色に染め、もう少しで柳の花が飛散する。

------------------------------------------------------------
Shade13のアップデートのダウンロードデータは2.5GB。
これは日本の光回線だとあっという間だが、
ここでのダウンロード時間表示は"あと7時間・・・"
気が遠くなる。

photo_624.jpg
友人は日本から来るため
空港に向かいに行った。
pm11時の北京国際空港に賑やかな群がなく
怪物のような巨大空港はなおさら大きく感じる。

が、しかし、空港にて人を迎えに来るのは
これが"初"だ。それまでは迎えられる側にいた。

-------------------------------------------------------------
photo_625.jpg
春の匂いが濃くなって来た。
ここ最近北京の天気は曇りの日が多いような・・・

photo_621.jpg
乾燥の北京の冬に初雪?
もう3月なのに・・・
------------------------------------------------------
昼間はキャンパスに向かい
空が暗くなるとShadeとの格闘。
言わばアナログとデジタルの融合?
------------------------------------------------------

photo_622.jpg
よく行く懐かしい味がするレストランは
北京の東から西へと引っ越し
その距離は30キロになってしまった。

------------------------------------------------------
photo_623.jpg
好奇心の強いモモ3世はその好奇心にかき立てられたあげく
ベランダの排水口から脱出し大自然のなかに消えた。
仕方なく、モモ4世を求めることになった。
今度こそあの排水口を塞がないとね

一時没頭になっていたが、
かれこれ10年さわっていない。

だが、これからが必要。
のため、Shade 12 Professionalを購入した。

早速インストール。
が、Shade R5時に作っていたデータを開かない。
これでは"調整"ではなく、"新規"で作成しか方法がない。
が、真新しいインタフェースになった操作画面を睨みながらに思う。
試練って、終わりが見えなくなって来たぞ・・・

酒を無性に飲みたくなったので
知人に"飲む前の運転は僕で、飲んだ後の運転は君に・・・"と頼み込み
北京ではそれなりに"有名で庶民的な"レストラン「金鼎轩」に向かった。
繁盛している店内で予約なしで20分ほど待たされた後
広々の店内一角に案内され、
美味しい広東料理にビール3本、紹興酒ワンボトルで8分酔い。

そのまま知人の自宅に行き
50°の白酒を口にする。

その後は覚えていない。。。

--------------------------------------------------------------
その二日後、高校時代の同級生から
"どうかね、久々飲もうかね・・・"の誘いで
互いはクルマではなく歩いて家の近くにある「小南国」に向かった。
さすが先日の悪い記憶が残っていたので
"ま、少なめに・・・"と思っていたが
味の清淡な上海料理
結局二人でビール3x4=12本?だったような・・・

--------------------------------------------------------------
姉さんはオーストラリアからの電話で
"知り合いの展覧会に私の変わりに行って来てね"と頼まれ
北京のCDB地区にある「今日美術館」に見に行った

photo_618.jpg
今日美術館から見た北京のスカイライン。
遠方のビルは北京位置の高さ持つ国貿ビル、右側は中央テレビビル。

photo_619.jpg
館内の広(すぎる)い展示空間。
ま、巨大化好きな・・・

--------------------------------------------------------------
久々のアルコールで体調は不調。
それまで体中に溜まっていたアルコールの分子は抜け
あの時の緊張感、危機感もなくなり、気が緩めて来たような・・・

ベランダからこの静まり返った夜景を眺めながら
"飲むならゆったりにし、無茶なムチをすることもないな〜。"
と煙を吐く・・・

photo_620.jpg

己の性格はせっかちで、
ゆえに相反する結果に結びつく。
不必要な注意を捨てた結果
とても言える。

先日友人の何人かで集まり
集まれば話題があれこれ、ヘイヘイ、ハアハア・・・
と盛り上がる。

だが、"ま、一日の三食は満たされたが、恥知らずも増えたな〜"
と話題が切り替え、そして、続く
"昔のような人間らしい余裕があってほしいね"
"急ぎ過ぎるようなこともないのに、少しの損を被ってもいいのに"
・・・

いつもの如くそれなりの説得力のある結論もなく続くが
感じ取れるのは"変革"でもたらした現状
ーーーなくしてしまったものへの憂慮と感傷?

彼らはカネに困っている訳ではない。
困っているのは精神貧困者の増殖。

さあ、やはり余裕があるのでは?

市内では、近頃の温泉プームで
"温泉"と称する施設はいくつかを点在する。
が、それらの温泉が果たして信用を与えるするかどうかを
調べand確かめてからでないと
なかなか行けない。

それより北京の北に位置する小汤山温泉
歴史が古く、名も馳せているため
そこの九华山庄に行って来た。

クルマで小1時間走り
長閑な田舎の平地にいきなり巨大な施設群
ーー九华山庄温泉リゾートが現れた。

平日なので、入浴する客が少なく・・・